古本屋には教養が必要

古本屋を始める時、決まったジャンルの本だけを取り扱おうと考えていても、そのジャンルの周辺知識は欠かせません。特定のジャンルだけでなく、幅広い知識や教養を持ち合わせていることが、古本屋を営むうえで重要な要素といえます。

現在、国内に流通している書籍は70万冊以上といわれていますが、古本屋にある書籍を合わせればさらに数は増えます。古本屋では、一般の書店では扱っていない絶版となった本や、雑誌のバックナンバー、マイナーな洋書、映画のパンフレットなどの古本買取も行っており、前述の70万冊にこれらの書籍は数えられていないからです。これらを合わせると、この数は数倍、もしくは数十倍にもなると考えられます。

これだけの書籍が存在しているものの、各個人が興味を持つ本というのは限られています。中には小説やビジネス書、洋書等幅広いジャンルの本を読む人もいるでしょう。しかし、たいていはミステリーやSF、歴史小説というように、自分の好きなジャンルの本ばかりを読むと思います。

古本屋を開くのであれば、こういった一般の読書家と同じではいけません。古本屋にはいろいろな本が持ち込まれ、幅広い教養がなければ適正な価格をつけることができず、お客さんからの信頼を得ることも難しいでしょう。

【おすすめサイト】
古本買取は埼玉県川口市のスマイルブックスへ

コメントは受け付けていません。