古本屋の知識

本に関する知識というものは、一朝一夕で身につくものではありません。長い時間をかけてさまざまなジャンルに精通していき、経験を蓄積していくことでようやく身につきます。

たとえば建築関連の書籍を扱う場合、国内・国外問わず有名な建築家の名前や代表的な建造物を知っておかなければ古本買取をすることができません。

自分が好きなジャンルの本の知識に関しては自信があったとしても、それだけではうまくいかないのが古本屋という商売なのです。

さらに、今のことだけでなく過去のこと、扱うジャンルの歴史的背景も学んで置かなければなりません。

前述の建築を例に考えると、まずは現在注目を集める建築家を知っておくことはもちろん、その建築家が誰のどんな建造物に影響を受けたのか等、建築史もあわせて押さえておかなければ駄目だということです。

そして、建築だけでなく周辺知識も知っておくことも大切です。建築には工学や物理学といった他の学問が深く関係しているほか、美術の分野に対しても広い知識があったほうが良いでしょう。また、その建築物が人々の生活にどのような影響を与えたかといった民俗学的要素も学んでおけば、周りから一目置かれる古本屋をつくることができるでしょう。

コメントは受け付けていません。