委託販売

新刊書店の特徴として、委託販売があります。新刊書店の本は、原則として出版社に返品することが可能です。 書店に並んでいる本は、大きく二種類に分けられます。 新刊委託は、105日以内に返品すればいいのですが、実際には書店に送られてきたその日のうちに、一度も棚に並べることなく返品される本も多いようです。昨今の新刊書の返品率は40%前後といわれています。
常備寄託は、出版社が作ったセットを丸ごと一年置いて、売れた分だけ補充して支払いする仕組 みです。たとえ書店に並んでいる本であっても、帳簿上は出版社の在庫としてカウントされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です